最新情報・コラム

column

運動療育が認知機能も高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや凹凸のある子ども達には、
生活面・学習面の向上のために認知機能を高める
働きかけが大切です。

そして認知機能を高めるのに最も効果的なのが
習慣的な運動と言われています。
私たちの教室で提供している運動療育プログラムは、
子ども達が継続して楽しく取り組めるように
遊びの要素を盛り込み、個々の発達に合わせて段階的に
提供することができます。

また、運動による効果だけでなく
様々な工夫によって脳や心の発達も促せます。
子ども達1人1人が確実に力をつけていけるように
支援・サポートを行なっていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「線路グーパー」をご紹介します。

テープや縄を使って床に2本線を引き、線路を作ります。
この線路を使ってグーパー跳びをします。
線路の内側は、両手は胸につけて足を閉じたグーのジャンプ。
線路の外側は、両手を伸ばして大きく広げて
足を開いたパーのジャンプで、
これを交互に行いながら進んでいきます。

考えすぎて前に進めなくなってしまう場合や
スムーズにできない場合は、
まずは足だけの動きでグーパー跳びを行ない、
慣れたら手の動きも付けるようにしてみましょう。
目の前で同じ動きをして見本になってあげる方法も有効です。

また、線路を踏まないように約束しておくことで
空間認知力や集中力が養われ、
早く進みたい気持ちをおさえる抑制力なども育ちます。
1人1人に合わせた取り組みで、育てたい力を
確実に身に付けられるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る