最新情報・コラム

column

「できること」が増えるサポートが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「発達障害」の認知度は、少し前と比べても
格段に上がってきています。
それでもまだ、「発達障害」という言葉を
発達が気になる子やいわゆる問題行動を起こす子の
レッテル貼りの言葉として使っている人もいます。

問題行動や困った行動とは、周りの人から見た時の
言葉ですが、その子自身にとっても問題や困ったことが
あるから起こっている行動です。
なので、子どもに問題行動が見られた時には
その行動の原因を見極めて、いろいろな工夫や調整で
支援をしてあげることが大事です。

みんなの「できること」が増えていくように、
私たちも精いっぱいサポートしていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「反復横跳び走り」をご紹介します。

反復横跳びのように、横向きで一直線上を進みます。
一定のリズムを刻むことが大事なので、
最初にうちは大人がタンバリンを叩いて、
そのリズムに合わせて動くようにします。
少し慣れたら、両手を顔の横でチョキにして
全身に意識を向けられるようにして行ってみます。

一定のリズムを刻み続けるためには
集中力を持続できることが必要になります。
この力が育つと他の運動の上達につながったり、
人の話を聞く時に体を止めて聞くという力にもつながります。
日常生活でも大いに役立つ力になるので、
運動あそびで効果的に育んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る