最新情報・コラム

column

ASDに含まれるアスペルガー症候群は気付きにくいですが適切な支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

アスペルガー症候群は、ASD(自閉症スペクトラム)に含まれ、
自閉症の特徴である「対人関係の障害」「コミュニケーションの障害」、
「想像力の障害(強いこだわり)」を持ちながら、
知的な遅れや言葉の遅れが見られないという特徴があります。

人によっては「変わった人」という印象を持たれるものの、
成績が良かったり特定の分野で非常に高い能力を発揮したりすることも
あるので、周囲も本人もなかなか障害に気付かないという
ケースもあります。

しかし、多くの場合は人付き合い、学習面、生活面などで
困り事を感じているので、適切な理解と支援が必要になります。
こどもプラスの教室でも、子ども達の症状や特性に合わせた支援を
行なっていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「運転手さん」をご紹介します。

子どもは2人一組になり、仰向けになる役とその子を押す役に分かれます。
仰向けになる子は、仰向けになったら「気をつけ」の姿勢のイメージで
体をまっすぐにします。
押す役の子は、その子の足を持ち上げて自分のお腹にくっつけて
足を持って押していきます。

スムーズに進んでいくためには、仰向けの子が腹筋に力を入れて
全身を一体化させておくことがポイントです。
脱力してふにゃふにゃしている状態だとうまく進めないだけでなく
怪我などにもつながるので、1本の棒になるイメージで
全身に力を入れておくように伝えておきましょう。
頭を上げて、上半身を浮かせておくと進みやすくなり、
腹筋もより刺激することができます。

また、2人の息を合わせることも大事なポイントです。
お互いに相手がやりやすいように考えながら動くという力を
身につけるためにはとても有効な遊びです。
無理のないように1人1人に合わせて提供してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る