最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達には運動でも学習でも苦手な理由に沿った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)で文字の読み書きが苦手な子ども達は、
様々な理由から見えにくさやわかりにくさがあります。
文字が模様に見える・文字がかすむ・文字が反転して見える・
白地に黒い文字は目が痛くなる・縦書きが読みにくい・
似た形の文字で混乱する
など、同じ「読めない」「書けない」でもその理由は異なります。

また、ADHDやASDといった他の発達障害と合併していることも
あるので、その子に合わせた支援・サポートが必要です。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「ボール足挟み渡し」をご紹介します。

子ども達は数人ずつ横一列に並び、体操座りをします。
そこから両手を後ろについて足を前に出し、ボールを
両足の先で挟んで持ち上げて、隣の友達に足で渡します。
受け取る人も足で受け取り、次々に隣の人に渡していきます。

この遊びでは、足の指先から腰までの下半身の連動性を高め、
できるだけ高い位置でやりとりができるようにすることで
腹筋を強く育てることができます。

また、隣の人が受け取りやすいように渡す位置や渡し方を考えて
行なうことも相手への思いやりの心を育て、社会性の発達に
つなげることができるので、子どもと一緒に考えることも大切です。

ただ渡すだけではつまらないので、制限時間内にいくつ運べるかや、
何秒で最後の人まで渡せるかなどで競争したりしながら
楽しく取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る