最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2018年02月

LDでは叱責や特性に合わない学習方法などが更なる遅れや二次障害を助長します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)は認知機能の偏りから起こる発達障害の一種で、 生活面や学習面で様々な困難があります。 言われた通りにできないのも、学習の遅れが出るのも、 子どもが怠けているわけではなく、むしろしっかりやりたいと 思って困 […]

続きを読む

LDでの困難さは学年が上がるにつれて顕著になり対応が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)は、特定の分野だけでの困難があるので、 いつも冗談を言って友達を笑わせたり、体育の授業が得意で いつもみんなのお手本になっていたりする一方で 文字を読んだり書いたりすることが極端に苦手ということもあります […]

続きを読む

LDでは話を聞いて理解したり覚えておくのが苦手なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、耳からの情報収集が苦手なことがあります。 LD(学習障害)特性を持つ子ども達の中にも、人の話を聞いて 理解し、それを覚えておくのが苦手という子ども達がいます。 そのため、「教科書の25ページの問題を […]

続きを読む

日常での極端な不器用さは発達性協調運動障害の場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、日常生活での様々な運動、動作で 困難さがある子ども達がいます。 生活面ではボタンの留めはずしやファスナーを上げることが 苦手だったり、何もないところでもよく転ぶ、靴ひもが結べない などの困り事 […]

続きを読む

先延ばしやゲーム依存などもADHDの脳の特性で早期支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの脳の特性として、「将来の報酬を待てずに目先の報酬ばかりを 求めてしまう」というものがあります。 将来のためだからと言われても興味のないことをやるのは苦手で、 「先延ばし」や「依存症」もこれに関連しています。 さ […]

続きを読む