最新情報・コラム

column

ADHD特性によって感情コントロールが難しく、支援が必要なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD特性を持つ子ども達は、感情をコントロールすることが難しい
場合があり、周りから見たらささいと思えることでも
怒りを爆発させてしまったり、
カッとなると衝動的に手が出てしまったりすることがあります。

これは、単に本人の性格の問題ではなく、
脳の前頭前野の働きが弱いことからきています。
前頭前野がしっかりと働けば、過去の経験や情報から
総合的に判断して感情を理性的に抑えることができますが、
それが苦手なために感情のコントロールが難しくなっています。

つまり、感情コントロールが難しいのは脳の特性によるものなので、
本人の努力だけでは改善が困難ということです。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは、運動あそびによる
運動療育を主軸としていますが、運動は感情コントロール力を
養うためにとても有効な方法です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ジグザグかけっこ」をご紹介します。

床に縄やテープで幅のあるジグザグのコースを作ります。
子ども達はスタートラインに並び、スタートの合図と共に
後ろから指導者が追いかけるので、このコースの中を
コースからはみ出さないように走って逃げます。

ジグザグコースをはみ出さないように進むためには、
コースをよく見て先を読み、体の動きをコントロールする必要があります。
左右に方向転換する時には、先に下半身を切り返してから
上半身を進行方向に向ける動作になります。
これが素早くできるようになると、スムーズにジグザグに進んでいく
ことができ、巧緻性を高めることにつながります。

慣れてきたら、ジグザグの角度のきついところを作ってみたり、
コースの線をコーンを一定間隔で置いて作るのもおすすめです。
こうすると、空間認知力を強く養うことができ、身体コントロール力も
育てることができます。

子ども達に合わせて調整しながら取り入れ、コースの長さも少しずつ
長くしてステップアップができるようにしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る