最新情報・コラム

column
月別アーカイブ:2017年11月

柔軟な思考を身に付け生活しやすくなるように療育支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性を持つ子ども達の中には、一度覚えたことを変更するのが 極端に苦手という特徴のある子が多くいます。 朝起きてから家を出るまでのルーティン、目的地までの道順、 靴の置き場所などにこだわったり、 学校へはこの帽子を […]

続きを読む

発達障害では完璧主義という特性を持つことがあり支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には「完璧主義」という特徴を持つ子がいます。 この特性があると、勉強でも遊びでも何でも完璧にできなければ気が済まず、 テストで100点が取れなかったり、なぞなぞの答えを間違えたり、 積み木が崩れそう […]

続きを読む

見通しがつかず切り替えが苦手なのも発達障害特性の1つで支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性を持つ子ども達は、物事の切り替えが上手にできない 傾向が強くあります。 時間の概念も弱いので、楽しく遊んでいるときに時間がきたからと それを中断して次の活動に移ることがとても難しくなります。 例えその日の予定 […]

続きを読む

発達障害では感覚過敏などで手をつなぐのを嫌がることがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達では、手をつなぐことをとても嫌がることがあります。 しかし、まだ年齢の幼い子や多動性の強い子などは、 屋外で手をつながずに歩いていると、事故や怪我につながりやすく いつも危険と隣り合わせです。 感覚過敏 […]

続きを読む

発達障害の子ども達には苦手よりも得意を伸ばしてあげることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなど発達障害のある子ども達は、その特性により 同年齢の友達のようにできないこともたくさんありますが、 得意なことや夢中になれるものが必ずあります。 大事なことは、「みんなと同じ」ではありません。 も […]

続きを読む