最新情報・コラム

column

発達障害では完璧主義という特性を持つことがあり支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には「完璧主義」という特徴を持つ子がいます。
この特性があると、勉強でも遊びでも何でも完璧にできなければ気が済まず、
テストで100点が取れなかったり、なぞなぞの答えを間違えたり、
積み木が崩れそうになったり、少しでもうまくいかなかったり
失敗しそうになると、かんしゃくを起こしたり自分をひどく責めたりします。

さらに、自分だけでなく他の人にも完璧を求める傾向があるので
人とのトラブルの原因にもなります。

これも脳の特性なので簡単に考え方を変えることはできませんが、
失敗しても良いこと、完璧でなくても良いということを
本人の気持ちに寄り添いながら伝えていき、サポートすることが大切です。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「アヒルの柵越え」をご紹介します。

まずはアヒル歩きの練習をしておきます。
アヒル歩きはつま先立ちで足を開いてしゃがみ、手をアヒルのくちばしと
しっぽのようにして歩く動きです。
疲れてくるとお尻がだんだん上がって中腰になりやすいので、
しっかり下に下げた姿勢で歩くように意識します。

このアヒル歩きで、縄やゴム紐などで作った低い障害物をまたいで歩きます。
アヒル歩きは、足を一歩出すごとに素早く体重移動をし、
倒れないようにバランスを取りながら歩くので意外と難しい動きですが、
障害物をまたいで歩くことでさらに強いバランス力や
足の指先の踏ん張り力が養われます。

うまくできない場合は、指導者が前に立って手をつなぎながら行なうなどの
補助をし、無理なく遊べるようにしてください。
上手にできる子は障害物の高さを少し上げたり、タイムを測ったり
友達と競争したしながら少しずつ上達を目指していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る