最新情報・コラム

column

発達障害特性で片付けが苦手な子にはスモールステップでの支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達には、部屋の片付けや整理整頓が
極端に困難なことがあります。
それは怠けているのではなく、あくまでも特性によるものです。
きちんとやりたいと思っていてもできないので、
学校など集団生活の場で片付けられないことを周囲から責められ、
自分に自信を無くしてしまうことがあります。

いきなり自分だけで完璧に片付けるのは難しいので、
片付ける手順をリストにしたり、写真やカードを使う、
引き出しや箱などを色別や用途別に分けるなどの方法で、
何をどこにしまうのか目で見てすぐにわかるようにするなど、支援が必要です。

そして大切なことは、最初から完璧を目指さず一緒に行ない、
途中まででもできたら褒めながら、少しずつステップアップを目指していくことです。
子ども達の気持ちを大事にしながら、力を伸ばしていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「クモの巣渡り」をご紹介します。

2本の縄を、床から15センチほどの高さに設置します。
この2本の縄の間に両手をつき、床から離さないようにしながら
両足で横方向にジャンプし、縄を跳び越します。

両手は肩幅くらいに開いて、手の指は伸ばして縄と並行になるようにつき、
目線は手ではなく着地点に向けておきます。
着地点がわかりやすいように印をつけておくと良いです。

側転につながる動きですが、
最初のうちは足を高く上げられなくても横ジャンプができればOKです。
慣れてきたら少しずつ着地点を遠くにしたり、
縄の高さを少し上げて挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る