最新情報・コラム

column

発達障害特性は良い方向に伸ばしてあげれば強みに変わります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDと聞けば、落ち着きがなくそそっかしい、すぐに暴れたりする
問題児とネガティブなイメージを持っている人がいます。
しかし、ADHD傾向は必ずしもマイナスな面ばかりではありません。

周囲が良い方向に伸ばしていってあげることで
弱点はその子にとって強みに変わります。
子どもをよく観察し、適切な方法とタイミングで子どもの持っている
力を最大限に伸ばしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「高速カップタッチクマ」をご紹介します。

2~3色のカップを複数用意し、間を空けてジグザグに並べます。
子どもはクマ歩きで、指定された色のカップだけをタッチして進みます。
「高速」なので、できるだけ速いスピードで進むようにしましょう。

急いで進みながらも、指定された色のカップをしっかりタッチしていけることが
大事なポイントです。
正確さも大事にしながら、できるだけ速く進めるように
繰り返し行なっていきましょう。

色の指示は、「赤だけ」など簡単な指示から「バナナの色といちごの色」
「赤を2つの後に黄色を3つ」、「赤→青→黄色の順番で繰り返し」
など少しずつ複雑な指示に発展させていくようにします。

子ども達の判断力、語彙力や語意力、イメージ力、記憶力を刺激し、
バランス力や身体コントロール力も遊びながら育てていきます。
個々にあった声掛けや難易度調整、環境設定にも配慮しながら、
楽しく繰り返し遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る