最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達には環境調整がとても重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達と活動をする時には、
環境調整がとても重要になります。
目に入ってきたもの、耳に聞こえてきた音など
五感からの刺激の全てに反応してしまうので、
なかなか1つのことに集中して取り組むことが苦手です。

課題をやる時には、外からの情報の入らない環境で
取り組めるような配慮も必要です。
家庭ではなかなか難しいかもしれませんが、
おもちゃをしまって部屋を片付けたり、
カーテンを閉めるなど対応が大切になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「跳び箱からジャンプで
タンバリン両手タッチ」をご紹介します。

1段の跳び箱と、タンバリンを2つ用意します。
子どもが跳び箱の上に乗ったら、左右にタンバリンをかざします。
子どもは跳び箱から跳び下りながらタンバリンをタッチし、
両足で着地します。

タンバリンの位置は跳び箱から遠かったり、
左右のタンバリンが離れていると難しくなるので、
最初のうちは跳び箱の近くで、左右のタンバリンが
くっつくほど近い位置になるようにかざしましょう。

タンバリンをタッチすることに気を取られると
着地まで意識がいかず、バランスを崩してしまうことがあります。
マットは広めに敷いて安全面に配慮しておきましょう。

この遊びでは、高所感覚や全身のクッション性を養い、
2つのことを同時に行なうという器用さも育ちます。
繰り返し行なっていくことで力が身につき、
日常生活にも役立ってくるので、継続的に取り入れていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る