最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達の気持ちに寄り添い、かんしゃくを減らしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害特性のある子ども達は、感情コントロールが苦手です。
何かを作る時に少しでもうまくいかないと
もうダメだと泣き崩れたり、
ゲームで負けるとかんしゃくを起こして暴れたり、
他の人にとっては、何でもないことでも
臨機応変に他の方法を考えたり、
妥協したり、次に気持ちを切り替えるということが
なかなかうまくできません。

かんしゃくを起こさずに済む方法を、子どもの気持ちを
受け止めながら、ゆっくり一緒に考えていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「足抜き回り着地でポーズ」をご紹介します。
鉄棒で足抜き回りをし、着地したら好きなポーズを決めます。

勢い良く回転すると、着地でばたついてしまうだけでなく
落下したり、脱臼などの怪我をしやすいので、
ゆっくり回転をコントロールしながら、
静かに着地ができるように促しましょう。

着地ポイントにフープを置いたり、テープを貼ったりして
そこに着地するようにすると、着地位置を目視で
確認する必要があるので、ゆっくり回転しやすくなります。

着地の後にポーズを決めるということを
覚えていて実行するのも大事なポイントです。
自分の体を自分でコントロールする力を
身につけていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る