最新情報・コラム

column

放課後等デイサービスの運動療育プログラム「陸上バタフライ」で短縄跳びの練習です。

短縄跳びは、腕で縄を回しながらタイミングよくジャンプして
縄を跳び越すという複数のことを一連の流れとして行なうものです。
一度に複数のことを考えながら次の動きへ切り替えていくのは
意外に難しいもので、子ども達の中にはなかなか理解できない子もいます。
動きを分解して、確実に習得していきましょう。

「陸上バタフライ」の動きを縄を持たずに行なってみましょう。
腕を大きく前に回しながらその場でジャンプする動きです。
動きが理解できたら、ジャンプと腕回しのタイミングを合わせるように意識し
大きくジャンプしてみたり、前に進んでいってみましょう。
腕回しとジャンプのタイミングが合ってくれば縄を持ったときに習得が早くなり、
子どもにとっても失敗経験が少ないので良い効果があります。

子ども達にとって一番良い方法をいつも考えながら指導することが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る