最新情報・コラム

column

支持力が身に付いたら開脚跳びにチャレンジしましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

跳び箱を跳び越すのに一番大切な力は腕の支持力です。
クマさん、片足クマさん、ウシガエルなどを十分に行なって、
腕で体重をしっかり支えることができるようになったら、
跳び箱の開脚跳びを行なってみましょう。

最初は助走はつけずに、代わりにウシガエルで進んできて跳ぶようにします。
手をしっかり跳び箱の奥につき、足を股関節からしっかり開きます。
この時に足が片方ずつバラバラになってしまう子は、
足がしっかり開けていない子なので、アヒル歩きを行なっていきましょう。

跳ぶ時に足の位置が跳び箱に近いと真上に跳んでしまうので、
跳び越すことができず跳び箱に尻もちをついてしまいます。
跳び箱から靴1こ半分ほど後ろに下がり、跳ぶようにしましょう。

子ども達1人1人をよく見て、足りない力があれば補っていきながら
確実に力をつけていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る