最新情報・コラム

column

全身を動かす遊びで上半身と下半身の連動を高めましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達にとって、一度に複数の動きをすることはとても難しいことです。

でも、最初はできなかったことができるようになってくると、

子ども達は自分に自信を持ち、さらに上に向かってがんばることができます。

自己肯定感を養っていけるように、1つ1つを小さなステップにし、

否定的な声掛けを避けて、たくさん褒めてあげることを意識しながら、

子どもの育ちを促していきましょう。

 

今日ご紹介するのは「手たたきスキップ」です。

スキップをしながら、リズムにあわせて「タン、タタン」と手をたたく遊びです。

足の動きだけを意識していると手をたたくのを忘れてしまったり、

リズム良く手をたたくことを合わせられません。

反対に、手をたたくことに集中してしまうとスキップのリズムが乱れてしまいます。

手だけ、足だけでなく両方に意識を向けられるように

繰り返し行ってみましょう。

スキップがある程度上達してから取り入れるようにし、

まだスキップが苦手な子は、まずはスキップだけの練習から行いましょう。

 

スキップは足の指先を使い、ふくらはぎの筋肉も刺激することができるので

跳躍力も育ち、リズム感も身に付くとても良い遊びです。

たくさん遊びこんで、上達できるようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る