最新情報・コラム

column

自他の区別がつくように療育を。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達が苦手なことの一つに「自他の区別」があります。

よくご存知だと思いますが、自分と他人とは違う考えや感じ方をするということを

理解するということです。

この力を身に付けることは、社会生活を送っていく上で

とても必要な力になります。

生まれつきのものなのでなかなか難しいですが、

日々の療育で力をつけられるように促していきましょう。

 

これからご紹介するのは模倣遊びで、

人の真似をしながら体を動かす「ケンケン遊び」です。

運動療育プログラムの「まねっこ歩き」の発展の遊びで、

前の人の真似をしながら、歩くのではなくケンケンで一列に進んでいきます。

右足ケンケン、左足ケンケン、両足ジャンプなどを織り交ぜながら

一つ一つの動きをきちんと真似しながら行えるようにしましょう。

動きの切り替えをランダムに行うことで、

しっかり前の人を見て動くことを促しましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る