最新情報・コラム

column

「回転ジャンプ」でジャンプの上達と、リズム感を養いましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「回転ジャンプ」をご紹介します。

子ども達は、指導者のタンバリンや手拍子の音に合わせて、

両足を閉じたままでジャンプしながら回転していきます。

足を閉じて、両膝の曲げ伸ばしと腕振りを上手に活用して行ないましょう。

着地の時にフラフラしてしまうとリズム良く回転ジャンプしていくことができません。

1回転ジャンプは難しいので半回転ずつ回りながら、

リズムよく体を動かすことを目指しましょう。

 

一定のリズムで回転しながらジャンプすることができたら、

不規則なリズムでのジャンプにも挑戦してみましょう。

無理をせず、子ども達の現在のレベルに合わせて提供することが大切です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る