最新情報・コラム

column

「ジグザグ横跳び」で腕でしっかり体重を支えられるようにします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ジグザグ横跳び」をご紹介します。

まず、ビニールテープなどで床に2本の線を引き線路を作ります。

この線の中に手をくっつけてつき、両足一緒にまずは線の右側にジャンプします。

次に手を1歩前に出したら、両足は線の左側に大きくジャンプします。

これを交互に行いながら、線路をジグザグに進んで行く動きです。

 

手をついて両足で横跳びをするという動きで、側転の動きに近づけていきます。

手をついてジャンプする時に、一瞬両腕だけで体重を支えることになるので

強い腕の支持力が養われます。

腕に力を入れていないと顔からつぶれてしまうので、

しっかり腕に力を入れて顎を開いて行なうようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る