最新情報・コラム

column

「タッチタッチゲーム」で判断力、抑制力をつけます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「タッチタッチゲーム」をご紹介します。

子どもと向かい合い、目線が合うようにしゃがみます。

そして、「パーを出したらタッチしてね」と伝え、片手ずつ一定のリズムで

パーの手を出してタッチしてもらいます。

リズムを崩してもできるかやってみましょう。

 

次は、「今度は、たまにグーの手も出るよ。グーはトゲトゲで触ったら痛い栗だから、

グーのときは触らないでね」とルールを追加します。

そして、パーを出しながら時々グーも混ぜていきます。

タッチしそうになる手を止めることで抑制力や判断力をつけていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る