最新情報・コラム

column

「口パクジェスチャー」遊びで前頭前野を活性化!放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達には模倣遊びが効果的ですが、

今日ご紹介する遊びも、人をよく見て感じ取る遊びなのでおすすめです。

「口パクジェスチャー」遊びで、名前の通り指導者が口パクとジェスチャーだけで

何か言いたいことを伝えます。

子どもは先生が何を言いたいのかを、口の動きとジェスチャーから

読み取って考えてみましょう。

内容は何でもかまいません。

「今日は暑いから、のどが渇いたなー。」「先生の靴がなくなっちゃった!」

など大げさにわかりやすく表現してあげてください。

 

人の動きをよく見て考えることで、人に興味を持ち、

コミュニケーション力の向上を目指すことができます。

日々の遊びにぜひ取り入れてみてください。

 

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る