最新情報・コラム

column

横向きカンガルーで大縄跳びの練習。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

小学校の体育などで必ずやるのが大縄跳びですね。

でも、大縄跳びに苦手意識を持っている子はけっこう多いと思います。

向こうから飛んでくる縄に当たらないように中に入って

跳ぶのはなかなか難しいし、当たると痛いので怖さも当然あります。

大縄跳びに限らず、恐怖心を持ってしまうとそれを克服するのは難しいので、

小さい頃から少しずつ感覚を身につけていくことが大切になります。

 

今日は、カンガルー跳びを横向きで跳びます。

手は胸の前に、足はひざをくっつけて横向きに進みます。

前に跳ぶのとは違う感覚なので、これだけで子供は喜んで遊びます。

前に跳ぶよりも転びやすいので、最初はゆっくり進みましょう。

リズムよく跳べるようになると良いですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る