最新情報・コラム

column

放デイには放課後活動の確保やレスパイトケアの役割もあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の毎日の生活の中で、
学校が終わった後の放課後の時間はとても大事な時間です。
ですが今の時代、子ども達が外で遊ぶには時間も環境も
少なく、特に発達に課題のある子ども達では
そういった機会がより少なくなる傾向があります。

そうした意味で、放課後等デイサービスの利用は
療育を受けられるだけでなく、
子どもが放課後に活動する時間が確保され、
保護者や家族の方のレスパイトケアにもつながります。

このように放デイには多くの役割があり、
様々な方面から子ども達やその家族の方をサポートして
いくことができます。
今後も子ども達への療育活動を丁寧に行なっていきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「カエルの縄越え」をご紹介します。

ゴム紐などで、高さ5センチくらいの低い障害物を
間を空けて複数設置します。
子ども達は、このゴム紐に引っかからないように
カエルジャンプで跳び越していきます。

障害物を視覚で捉え、跳ぶ位置や高さ、力加減などの
調整を行うことで、空間認知力や身体コントロール力を養います。
しゃがんだ姿勢で楽しくジャンプ遊びをしながらも、
しっかりと体の連動性を高めていけるように、
1つ1つの動きを丁寧に行なえるようにします。

カエルジャンプは手をつくことが疎かになりがちですが、
しっかりと手のひらまで床につくことが大事です。
手をつくという動きで腕や肩といった大きな筋肉が育ち、
次第に手先を細かく動かす力につながっていくので、
1回1回のジャンプを意識して行えると良いと思います。

まずは楽しく、そして少しずつ正確性も意識しながら
ステップアップを目指して遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る