最新情報・コラム

column

「カエルの跳び乗り」で開脚跳びの練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「カエルの跳び乗り」をご紹介します。

1段の高さの跳び箱を用意します。

子どもは跳び箱の数メートル手前から、手足同時にジャンプするカエル跳びで進み、

跳び箱の前に来たら跳び箱の上にカエルのままで跳び乗ります。

 

顔が下を向いていると危ないので、顎を開いて前を見るように促しましょう。

補助は、跳び箱の前に手を出して、子どもが前のめりに倒れてきても

支えられるようにしておきます。

 

跳び箱に慣れながら、開脚跳びにつなげる動きなので、

他の動きとも組み合わせながら継続的に行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る