最新情報・コラム

column

療育施設は子どもにとって楽しく安心できる場所であることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今、放課後等デイサービスの教室はとても増えています。
しかしその療育内容や教室の雰囲気、スタッフの対応などは
ピンキリです。

放課後等デイサービスのような療育施設は、
子どもが「楽しかった」「また行きたい」と思ってくれるような
楽しい場所であること、安心して過ごせる「居場所」であることが
とても大切です。
療育活動ではその基本的なところを大事にしながら、
1人1人のスキルアップを目指していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「障害物片足クマ」をご紹介します。

フープや縄などの障害物を複数設置したコースを作ります。
このコースを片足クマの動きで渡っていきますが、
障害物に手足が当たらないように避けながら進みます。
後ろに上げている足がだんだん下がってきやすいので
気をつけましょう。

大事なのは速く進むことではなく、障害物に当たらないように
正確に進むことです。
そうすることで手足をつく位置を毎回考えて動くことになり
空間認知力やバランス力、身体コントロール力などが
強く養われていきます。

そして片足クマは腕の支持力だけでなく、腹筋背筋や首、
足の筋肉など全身の筋力を育てることができる動きです。
いろいろなアレンジで継続的に取り入れながら、
1人1人の育てたい力の習得につなげていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る