最新情報・コラム

column

適切な支援があれば確実に成長できる子ども達です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

定型発達の子ども達は一つ一つ教えなくても
多くのことが自然とできるようになっていくのに対し、
発達障害を持つ子ども達は細かいことも1つ1つ
丁寧にゆっくり時間をかけて教えていくことが
必要だったりします。

発達の道筋は違っても適切に指導すれば
確実に成長する子ども達なので、
1人1人をきちんと評価し、その子に合った療育や支援を
見つけてあげることが大切です。

多様な子ども達に多様な対応ができるように、
私たちも日々考えていくことが大事ですね。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「1本線のクマ歩き」をご紹介します。

ビニールテープで1本線を作り、
その上から落ちないようにクマ歩きで渡っていきます。
線の上から落ちないようにバランスを取りながら
慎重に進んでいきましょう。
手足を確実に線の上に乗せる空間認知力や身体コントロール力、
線から落ちないようにするバランス力や体幹の力などが
強く養われる遊びです。

単純な動きのようですが、筋力的にも感覚的にも
意外とキツい遊びで、強い集中力や判断力を必要とします。
最初から長い距離を設定してしまうと
子ども達のやる気や意欲が低下してしまうので、
短めの距離から始めて少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る