発達障害の子ども達には気持ちに寄り添った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDやLDの子ども達は、知的な遅れを伴わないので
今なにをすべきかということを理解していますが、
特性によってそれができないことが多く、
そんな自分に苛立ちを感じているということが多々あります。

頑張っているのにできない、わかっているのにできないという体験の
積み重ねは、子どもの自信や自己肯定感を低下させてしまうので、
子どもの気持ちに寄り添い、1人1人に合った支援を
行なっていくことが必要です。

関連記事:自分の思い・気持ちを伝えられない|発達障害による苦手を克服する方法

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「片足クマの通院」をご紹介します。

マットを敷き、その下に丸めたゴザやタオル、積み木などを入れて
でこぼこした足場の悪い道を作っておきます。
その道の上を、片足クマ歩きで進んでいきます。

片足クマは両手と片足の3本足で歩くので、腹筋背筋に力を入れて
しっかりとバランスをとる力が必要になりますが、
道がでこぼこしているので、1歩進むごとに手をつく位置、
足をつく位置をしっかり考えながら手足を動かす必要があり、
より強いバランス力、身体コントロール力を養っていくことができます。

転ばないように進むことが大事なので、慌てずにゆっくり進むように
見本を見せながらしっかり伝えておきましょう。

慣れてきたらマットをつなげてコースを長くしたり、
子どもに合わせていろいろな条件を加えたりしながら
繰り返し遊べるようにしてみてください。

クマに関する運動遊びをもっと知りたい方は、こちらの療育プログラムも参考にしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る