最新情報・コラム

column

友達と協力して遊ぶ「ボール運びクマ」で社会性を養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ボール運びクマ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになります。
2人で横に並んで一緒にクマさん姿勢になったら、
2人の体の間にボールを挟みます。
落とさないようにしっかり挟んだら、そのまま一緒に前に歩いていきます。

ボールを落とさないようにすることと、友達と一緒に歩くことを
常に意識しながら動かなければいけないので、かなり集中力を使います。
そして、相手を強く意識することが必要になるので、社会性を育てることができます。
あまり長い距離は集中力も続かず、うまくできなかった気持ちが
次へのやる気を削ぐことにもなってしまうので、
短めの距離で行い、ボールの大きさなども工夫して遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る