最新情報・コラム

column

「マネっこケンケン遊び」で模倣力を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「マネっこケンケン遊び」をご紹介します。

子ども達は指導者の後ろに一列に並び、片足立ちになります。
そしたら、前の人についてゆっくり前に進んでいきます。
ケンケンの状態ではバランスがとりにくくなりますが、
前に人にぶつかったり、前の人との間が空きすぎたりしないように意識して、
一定の距離を保ちながら進むことを目指しましょう。

途中で右足ケンケンから左足ケンケンに変わったり、両足ジャンプに変わったりします。
しっかり前の人の動きを見て、素早く動きを真似できるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る