最新情報・コラム

column

運動療育で発達障害児の日常生活での動作も向上します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

現代の子ども達は、しゃがむことや片足立ちができない、
バンザイができないという子がとてもたくさんいます。
これでは日常生活にも支障が出てきてしまいます。
発達障害を持つ子ども達の中にも多く、
特に股関節周りのかたさが目立つ子が多いので、
運動あそびの継続で子ども達の発達を促していきましょう。

こどもプラスで提供している運動療育プログラムから
「アヒルの柵越え」をご紹介します。
足を太ももの付け根からしっかり開いてしゃがみます。
そして、縄などの低い高さの障害物をまたいで進んでいきます。

お尻をしっかり落として中腰にならないようにし、
かかとを上げてつま先歩きで歩くようにします。

障害物をまたぎながら歩くと、一瞬ですが片足立ちになります。
転ばないようにしっかりバランスを取ることで
バランス力を養い、物との距離を測る空間認知力なども育てます。
慣れてきたらゴム紐などを使って、
少し高さのある障害物にも挑戦しながら、
少しずつ着実にレベルアップを目指して力をつけていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る