最新情報・コラム

column

「カップタッチカンガルー」で大縄跳びでの横への着地のバランス力を養います。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「カップタッチカンガルー」のご紹介です。
カップをジグザグになるように置き、
カンガルージャンプでカップをタッチしながら進みます。
カップをジグザグに置くことで、横へのジャンプからの着地になるので、
大縄跳びに必要な着地のバランス力を育てることができます。

ポイントは、しゃがんでカップタッチする時も足を閉じたまま行なうこと、
ゆっくりで良いので一定のリズムでジャンプしていくことです。
慣れてきたら、タッチするカップの色を「赤だけ」など指定しましょう。
記憶力や判断力なども養っていくことができます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る