最新情報・コラム

column

「カエルの縄越え」で体の連動性や調整力を高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「カエルの縄越え」のご紹介です。

足を開いてしゃがみ、手を中についたカエルさんで
ゴム紐などで作った障害物を跳んでいく動きです。
ゴム紐は低めに設置し、やる気を損ねないように気をつけましょう。
カエルジャンプは、手足同時にジャンプ、着地しながら進み、
足だけではなく、手もつくのがポイントです。

障害物があった時、その高さや位置にあわせたジャンプを
瞬時に判断することで、身体コントロール力が養われます。
つま先から足首→膝→腰→上半身というように動きを連動させながら
体の調整力を高めていきましょう。

慌てると動きが疎かになるので、しっかり着地してからジャンプするようにし、
障害物の数やコースなども変えながら遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る