最新情報・コラム

column

「忍者走り」で体の調整力を高め転びにくくなります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「忍者走り」をご紹介します。

子ども達は、指導者のあとについて並びます。

そして、足音を立てないように静かに忍者走りをしてみましょう。

音を立てないように走るには、かかとを上げてつま先立ちになり、

地面に吸い付くように走るのがコツです。

いつもと違う走り方をすることで体のバランス力や調整力が高まります。

 

また、前の人について動くことは社会性を育て、集中力や抑制力なども身につきます。

前の人にぶつかったり追い越したりしないことも約束し、

いろいろなことに意識を向けて動く練習をしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る