最新情報・コラム

column

「足掛け振り上がり」でタイミングを計って動く練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「足掛け振り上がり」のご紹介です。

鉄棒につかまり片足を掛けたら、もう片方の足はまっすぐ伸ばしておきます。
そして体を後方に倒していき、体を前後に振ってみます。
大きく体を揺らしてしっかり反動がつけられるようになったら、
その遠心力を使って体を起こし、鉄棒の上に乗って止まります。

自分で起き上がるタイミングを計りながら動けるように促し、
反動を強くつけられるように、体を大きく前後に振るように練習しましょう。
大きく体を振るためには、最初に体をしっかり後方に倒さなければいけません。
最初は恐怖心を感じてしまうことが多いかもしれませんが、
補助について、少しずつ慣れながらチャレンジしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る