最新情報・コラム

column

距離感をつかもう。走り幅跳び!放課後等デイサービスの運動療育プログラム

4歳ころになったら走りながら跳ぶ走り幅跳びも挑戦してみましょう。

スタート位置から2~3メートルのところに2本のテープを貼ります。
そこを走って跳び越えますが、
走りながら跳ぶことは、踏み切る位置を事前に計算したり、
足の親指の力を使ってしっかりジャンプすること、
着地のときに転ばないようにすることなど、
いろいろなところに意識を向けながら行う必要があります。

最初は腕の振りなどの細かいところは気にせず、
走りながらテープをまたいでみましょう。

着地のときにふざけてお尻をついたりしないように、
きちんと足で着地できるように気をつけましょう。

事前に計画を立てたり、動きを予測することを身につけていけると良いですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る