最新情報・コラム

column

「すずめの飛び立ち」でリズム感や後方への感覚を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「すずめの飛び立ち」をご紹介します。

まずは鉄棒ですずめの姿勢になります。

そこから足を大きく前後に振って反動をつけ、

タイミングを計りながら「1.2.3」で手を離して、鉄棒を押すようにして

後方に跳んで着地します。

着地は両足を揃えてフラフラしない着地を目指しましょう。

 

足を揃えて前後に振ることで腹筋背筋や、足の内股の筋力が育ちます。

そして、何よりもリズム感が身に付きます。

リズム良く足を振りながら、自分でタイミングをはかって跳ぶことを

スムーズにできるように練習していき、

後方の感覚を養うためにもできるだけ遠くまで跳んだり、

目標地点に印をつけて、そこを目指して跳ぶことにもチャレンジしてみましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る