最新情報・コラム

column

ビニール袋のボールで投げる動作の練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

最近の子ども達はボールを投げる動作ができない子が多くなっています。
小さい時から、脇を開いて腕を振り上げる動きを経験していないことが多く、
小学生以上になっても、上手にボール投げができない子が多くいます。

ボール投げは、屋外の広いスペースがなければ難しいですが、
手作りのビニール袋のボールを使えば室内でも可能になります。
ボールは、小さめのビニール袋に丸めた新聞紙を入れてテープで留めて作ります。
これだと、手の小さい子どもでも片手でつかむことができ、
上に振り上げた時にも転がり落ちないので練習がはかどります。

このボールを上に向かって投げたり下に向かって投げたりし、
ある程度行なったら目標物にぶつける練習をしてみたり、
かごの中に投げ入れてみたり、チームわけをしてどちらが多く
相手のチームにボールを入れることができるかなどで競争してみたり、
いろいろな遊び方で遊び、投げる練習をしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る