最新情報・コラム

column

回転感覚を身に付ける「じゃがいも迷路」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「じゃがいも迷路」をご紹介します。

マットを縦、横、縦、横とジグザグになるように並べます。
子どもはマットの端に仰向けに寝転び、膝を曲げて
体操座りのように両腕で足を抱え込むようにします。
そしたら、この姿勢のままで横にごろごろ転がっていきます。

マットはジグザグになっているので、マットから落ちないように
先を見て動き、うまく方向転換をしていく必要があります。
身体コントロール力が上がり、回転感覚や先を読む力、
空間認知力などが育ちます。

最初はまっすぐ進むだけでも難しいことがあるので、
子ども達の段階に合わせて、アレンジしながら遊んでみてくだい。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る