最新情報・コラム

column

走りの安定につながる「足高かけっこ」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「足高かけっこ」をご紹介します。

かけっこで速く走るのではなく、太ももを高く上げることを意識して走ります。
1歩ずつ、足を高く上げるのがポイントです。

太ももを上げながら走ることで、
「足のあおり動作」が正しくできるようになります。
あおり動作とは、かかとからつま先に向かって体重移動をし、
地面をつま先で蹴りだす動作です。

この一連の動作が上達すると、地面を強く蹴ることができるので
速く走ることができるようになります。
また、この動作で土踏まずの形成が促されるので、体の基盤作りができてきます。
土踏まずが発達するとバランスがとりやすくなるので、
体がブレずに安定した姿勢で、歩いたり走ったりできるようになります。
他にも、土踏まずの発達は疲れにくくなったり転びにくくなるといった効果もあるので、
遊びの中でしっかりと育てていきたい力です。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る