最新情報・コラム

column

「手押し車でじゃんけん」で相手や周りを感じながら動きましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「手押し車じゃんけん」をご紹介します。

子ども達はペアを作り、1人が片足を上げた片足クマになります。
もう1人は片足クマの足の間に入り、膝の辺りを持って足を持ち上げます。
そしたら前の子のペースに合わせて、ホールの中を自由に歩き回ります。
途中で指導者が「じゃんけんをしましょう」と言うので、
子ども達は動きを止めて、近くにいるペアの子を見つけてじゃんけんをします。

じゃんけんをする時は片手だけで体を支えることになるので、
体を支える強い支持力や姿勢を保つ体幹の力が必要になります。

動く時の主導権は前の子にありますが、お互いに相手を意識して
ペースを合わせることを大切にしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る