「クマのフープ渡り」で空間認知や先を読む力を育てましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「クマのフープ渡り」をご紹介します。

フープを複数用意し、床に並べてコースを作ります。

そしたらクマ歩きで、フープの中だけに手足をつきながら進んでいきます。

フープからはみ出したり、フープを踏まないようにするには、

どこに手をついて、足はどこにつけば良いのかを考えながら動くことが必要です。

先を読みながら体をコントロールする力が身に付くように、

ゆっくりで良いので正確に行なうことを意識します。

 

直線のコースができたら、フープ同士を離したりジグザグのコースや

入ってはいけないフープの色を設定したりと、

いろいろなアレンジで楽しく遊んでいきましょう。

 

空間認知や先を読む力を鍛えられる運動遊びをもっと知りたい方は、こちらのプログラムも参考にしてみてください!

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る