最新情報・コラム

column

「並びゲーム」で自分で判断して行動する力を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「並びゲーム」をご紹介します。

あらかじめ部屋の中には色紙を貼ったり、目印になる物をいくつか作っておきます。

そして子ども達に指示を出します。

「朝、顔を洗ってきた人は緑色の紙の前に並びましょう」

「白い服を着ている人は〇〇先生のところに並びましょう」など

いろいろな条件を出し、子ども達は自分に当てはまったら指示された場所へ移動します。

 

出された条件が自分に当てはまるかをまずは考えて判断し、

指示された場所を忘れずに覚えていてそこへ行って並ぶという動きで、

理解力や認識力、判断力、行動力、記憶力などたくさんの力を刺激します。

難しすぎると子ども達はやる気をなくしてしまうので、

今の子ども達の現状に合った内容で調節しながら遊んでいってください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る