最新情報・コラム

column

跳び箱や側転の動きにつながる「障害物片足クマ」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「障害物片足クマ」をご紹介します。

クマ歩きから片足を上げた片足クマで、障害物を越えていく遊びです。

障害物は、縄やゴム紐、ブロックやスリッパなどいろいろな物で作りましょう。

障害物に当たらないように手をついて、ついている方の足でジャンプして

越えていく動きになるので、上半身にかかる負担が大きくなります。

そして、先を見通したりイメージする力、空間認知力などが育ちます。

 

手は固定したままで足だけジャンプする動きは、側転や跳び箱につながります。

障害物の数や配置の仕方を変えたりしながら、繰り返し遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る