最新情報・コラム

column

「後出しじゃんけん」で脳を活発に働かせて遊びましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「後出しじゃんけん」のご紹介です。

先に指導者がグー、チョキ、パーの手のどれかを出します。

子どもはそれを見てから、ワンテンポ遅れて勝つ手を出してみます。

何度かやってスムーズに勝つ手が出せるようになったら、

次は負ける手を考えて出すようにしてみましょう。

勝つよりも負けるほうが難しいので、最初はゆっくり行ないます。

少しずつテンポを上げていき、判断力をあげていけるようにしましょう。

 

この遊びでは脳の前頭前野を活性化することができます。

いつもと違うじゃんけん遊びのやり方で、体も脳も鍛えましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る