最新情報・コラム

column

コミュニケーション力を養う「糸人形ごっこ」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「糸人形ごっこ」をご紹介します。

子ども達は2人組みになり、操る人と操られる人を決めます。
操る人と操られる人の体の部位(手、足、頭など)を見えない糸でつなげます。
そしたら、操る人はゆっくりとその部位を動かし、
操られる人は動きをよく見て同じように動かします。

実際に縛られてつながっているわけではなくても、
見えない糸をイメージして相手と同じように動かすことで、人と遊びを共有し、
相手に合わせる社会性やコミュニケーション力が育ちます。

相手の動きを真似するほかにも、見えない糸でしばった部位(手や足など)を
引っ張っる真似をして遊ぶ方法もあります。

ゆっくり体を動かすことで体のコントロール力や抑制力も育つので、
簡単な動きからゆっくり始めて遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る