最新情報・コラム

column

「いじわる回転縄跳び」で身体周辺感覚を養います。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「いじわる回転縄跳び」をご紹介します。
動きは通常の大縄跳びと同じですが、数回跳んだら縄を止め、
今度は縄を反対回しに回してみます。
これを何度も繰り返してスムーズに切り替えられるように遊びます。

ポイントになるのは、回し手をよく見ること、縄の動きを見ること、
縄が足元にきたらタイミングよく跳び越すことです。
一度に複数のことに意識を向けなければいけないので、
身体周辺感覚が育つ遊びです。

大縄跳びが苦手な子でも、回し手の技量次第で何度かは行なえるので、
その子に合わせた回し方やタイミングで行い、
達成感を味わうことができるように工夫して遊びましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る