最新情報・コラム

column

「棒くぐり」で地面を親指で蹴る練習や身体周辺感覚を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム 

運動療育プログラム「棒くぐり」をご紹介します。

棒や縄を使って少し低めの罠(障害物)を作ります。

子ども達は1人ずつ、ワニ歩きでその下をくぐって進みます。

くぐり始めると障害物の位置が見えなくなるので、

高さをイメージしながら体を動かして、頭やお尻が当たらないように進みましょう。

 

ワニ歩きでスムーズに進むためには、足を太ももから大きく開いて、

親指で地面をしっかり蹴りながら、手の引き付ける力と上手に連動させて

歩いていくことが大切になります。

ワニ歩きで、腕の力、足を股関節から大きく開くこと、足の親指で地面を蹴ること、

そして障害物をくぐることで空間認知や身体周辺感覚も養っていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る