最新情報・コラム

column

「合図で順に前転」で周りを感じて動き、達成感を味わいましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「合図で順に前転」のご紹介です。
「合図で前転」の次の段階の遊びになります。

マットは横に並べて、子ども達はマットの端に一列になり、
両手と頭の上をマットにつけて前転の準備姿勢になります。
そしたら端から順に1人ずつ前転をしていきます。
隣の子が前転をしたら次は自分がする番だということを理解し、
順番をじっと待つことを覚え、順番がきたらすぐに動くことで
できるだけスムーズに行なえるようにしていきます。
自分の番がなかなかわからない場合は、
端からお尻を触ったりして合図をしてあげると良いでしょう。

気をつけることは、前転をした後にマットの上で座り込んだりしていると
次の子とぶつかったりして危ないので、
自分の番が終わったらすぐにマットから降りることです。
わかりやすく伝え、怪我を未然に防ぎましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る