「新幹線片足クマ」で一定のリズムで動く練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「新幹線片足クマ」のご紹介です。
これは、片足クマで新幹線のように速く進む遊びです。

片足クマの動きは強い腕の支持力をつけ、腹筋背筋などバランスよく育ててくれるので、
跳び箱や側転の動きにつながります。

これで新幹線のように速く進むことで、頭の中で「手、足、手、足」と考えながら
行なうことが必要になり、これは縄跳びの連続跳びの時に役立つ力になります。

転ばないように顔を前に向けること、片足を高く上げること、
速く進むこと、全てを完璧に行なうのは難しいので、
それぞれができる範囲でがんばってやれるようにします。

そして、少しずつ次の段階に挑戦できるようにつなげていきましょう。

片足クマに関する運動遊びをもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る