最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:ADHD 子ども

ADHDは小学校に上がる頃診断されるケースが多く正しい理解が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達の、じっとしていられない、注意力散漫で次々に 興味の対象が変わる、忘れ物が多い、突発的な言動が多い、 怒りの感情をコントロールするのが苦手で すぐカッとなってしまう、というような症状は 小学校に上がる頃 […]

続きを読む

ADHDでは頭や体の多動が強くて休み下手な場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達の中にはいつもアクティブで元気いっぱい、 でも休むのが下手、という子がいます。 頭の中にやりたいことが次々浮かんできて落ち着かなかったり、 常に動き回っているタイプでは他の人より体力の消耗が激しく、 気 […]

続きを読む

発達障害では持っている特性によって障害に気付きにくいことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD(注意欠如/多動性障害)がある子ども達の中で、 不注意特性が優勢で多動性の症状がほとんどなかったり、 他の目立つ特性があまり見られないような場合には 中学生頃になっても発達障害の診断がつかないままのケースがありま […]

続きを読む

ADHD特性は成長につれて変化し臨機応変な対応が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は先天性の脳機能障害のため、自然になくなったり 治療によって完治するものではありません。 しかし、例えば子どもの頃にADHDと診断された人達の中には 成長と共に症状が目立たなくなったり、 自分の特性を理解して対処 […]

続きを読む

ADHDでの頭の中の多動は消えないので早期の対応が大切になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人達はいつも脳がフル回転とか、頭の中が多動だと 表現されることが多いと思います。 そのため、家の中でも学校の授業中でも外出先でも いつも興味のおもむくままに動きまわってしまったり、 何か課題をするという時にも、 […]

続きを読む

ADHD特性によって感情コントロールが難しく、支援が必要なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD特性を持つ子ども達は、感情をコントロールすることが難しい 場合があり、周りから見たらささいと思えることでも 怒りを爆発させてしまったり、 カッとなると衝動的に手が出てしまったりすることがあります。 これは、単に本 […]

続きを読む

先延ばしやゲーム依存などもADHDの脳の特性で早期支援が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの脳の特性として、「将来の報酬を待てずに目先の報酬ばかりを 求めてしまう」というものがあります。 将来のためだからと言われても興味のないことをやるのは苦手で、 「先延ばし」や「依存症」もこれに関連しています。 さ […]

続きを読む

ADHDでは自信が持てず傷つきやすい子ども達が多くいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は自分に自信がなく傷つきやすいという一面があります。 いつも一生懸命がんばっているつもりなのにできない、 親や学校の先生、まわりの友達から注意を受けてばかりいる。 こうした失敗経験や挫折経験などが積み重 […]

続きを読む

ADHD脳の特性で部屋が散らかり片付けられない場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの多動性や衝動性、ワーキングメモリの弱さなどの脳の特性は、 「散らかすつもりはないのに気付くと部屋が散らかっている」 「片付けようと思っても片付けられない」という 症状となって現れることが多く、生活面で大きな支障 […]

続きを読む

発達障害による症状は厳しい躾や叱ることでは治りません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDなど発達障害がある子は、小さい頃から怒られたり 注意を受ける経験が多く、それが重なることで 「自分はダメな人間なんだ」と思い込み、二次障害に つながりやすくなります。 また、母親に怒られ続けることで信頼関係が築け […]

続きを読む