最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:発達障害

発達障害の診断は難しく時間がかかることもあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は成長の過程で困り事が出てきて始めてわかる障害です。 症状の程度によってはすぐに診断がでることもありますが、 長い時間かかってもなかなかはっきりした診断名がつかないこともあります。 また、発達障害は単独ではなく複 […]

続きを読む

発達障害特性は良い方向に伸ばしてあげれば強みに変わります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDと聞けば、落ち着きがなくそそっかしい、すぐに暴れたりする 問題児とネガティブなイメージを持っている人がいます。 しかし、ADHD傾向は必ずしもマイナスな面ばかりではありません。 周囲が良い方向に伸ばしていってあげ […]

続きを読む

発達障害では空間認識能力が弱いことで日常生活に支障をきたす場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD、ASDなどの発達障害の子ども達は、 「空間認識能力」が弱いことがあります。 そのために、 よく物にぶつかったりつまづく 迷子になる 立体を把握できない 文字を書くことが苦手 運動が苦手 などのことが起こりやすく […]

続きを読む

運動療育と学習をうまく組み合わせることで効果が上がります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動あそびは、製作活動や学習などの静かな活動の前に 行なうことで、その後の集中力を高めることができます。 運動が楽しいと感じられるものであれば さらに良い効果があるので、1人1人の段階に合ったものを 工夫しなが取り入れて […]

続きを読む

自閉症児の特殊な記憶力には適切な支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 長期記憶が優れていて驚かされることもよくありますが、 短期記憶やワーキングメモリは弱い傾向があります。 ワーキングメモリはトレーニングによってある程度 高めることも可能なので、 […]

続きを読む

発達障害では字がうまく書けない事があり、原因に寄り添った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、字をうまく書けない子が多く見られます。 がんばって書いたけれど自分でも読めなかったり、 鏡文字になっていたり、枠からはみ出してぐちゃぐちゃになってしまったり。 発達障害の子がうまく字が書けない […]

続きを読む

ADHDにはトークンエコノミーなど行動療法が有効なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の治療方法には、投薬以外に「行動療法」があります。 例えばADHDの子どもには「トークンエコノミー」で 良い行動に導いていく方法が有効なことがあります。 良い行動にはポイントがもらえ、悪い行動をしたら そのポイン […]

続きを読む

失敗を恐れる自閉症児には間違いを指摘せず修正することが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDの中でも言葉の遅れがある自閉症では、 少しずつ言葉の発達を促していきますが、 子どもが間違った話し方をした場合、 間違いを指摘せずに修正してあげることが大切です。 自閉症の子ども達は、間違いや失敗を極度に恐れる傾向 […]

続きを読む

新しいことが苦手なASDには楽しい療育活動が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は関心を持つ世界が狭く、 新しいことや、今までと状況が変わることがとても苦手です。 いろいろと環境が変わるこの時期は 子ども達も敏感になっているので、 楽しい活動で成功体験を増やすことを積み重ね、 自信 […]

続きを読む

聞く力の弱い自閉症の子には伝え方に工夫が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 人の話に注意を向けて聞くことがとても苦手です。 急に話しかけると違うことに意識がいっていて 聞いていないことがあるので、 まず「先生がお話します。聞いてね。」などと こちらに注 […]

続きを読む